高校3年・1学期

E判定ガール

コロナ禍で自宅で受けた模試の判定をちらりと見せてもらった。
第一志望校であるチャレンジ校は「E判定」。
それ以外はC判定がほとんど。
よく体験記などに直前の模試でもE判定だったけれど合格しました!
またその逆の
模試ではずっとA判定だったのに全滅・・・もある。
要は一喜一憂するな、ということだとは思いますが
さすがに第一志望は遠いところにあるのではないだろうか。
中学生の頃の様に模試の結果を見て涙することはなくなったけれども
今の成績では受験校にできるのか本人も半信半疑だろう。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


夏期講習代

夏期講習代金払い込み完了!
高校受験の際も大手進学塾に通ってなかったので我が家にしては金額が大きく感じる。
これが旅行だ買い物だと同額を払えばムダ使いしてないかな?とブレーキがはたらくのに
不思議と教育費で払う金額は感覚が麻痺してしまうのでしょうか⁈
まあそれでもまた大手予備校とは違う塾なので
世間一般の夏期講習代よりは抑えめになっているとは思います。
大学受験もマイナー路線で合格が勝ち取れるのか?
受験が終わるまでの出費はここからエンジンがかかってくるようです。
きっと志望校に合格すればすべてがムダでなかったと思えるはず。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

パワーワード

慶応大学法学部・現役・塾なし。

今年受験が終わった親戚の子の合格先。
コロナ禍で集まれない中、つい先日進学先が耳に入ってきました。
ただ、ただ羨ましかったです。
比べてはいけないのはわかっていますが言っちゃいましたね。
(まあどう頑張ったって元が違いすぎるので夢物語を聞いているような気分なんでしょうけれど。)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村



休校もわるくない

思春期のお子さんを持つお母さんは同じ気持ちも人もいるのではないかと。
休校中何がうれしかったかって娘と話す時間が増えたこと。
話すというか口をきいてくれる、が正しいですかね。

学校に行っている時はとにかく時間がないので
自分の自由時間は親と話すよりはスマホ、TV、寝てるが優先。
もともと女子にしてはおしゃべりなタイプではないのもあり
高校生になってからは学校の友人たちとの世界が優先でそっけない対応も多かった。

まあ4月ぐらいには「もう家族に飽きた。」なんて言ってもいましたが
さすがに顔を合わす人がいなけなれば嫌でも会話が増えました。
いつでも目の届く範囲で暮らしているのでつい
幼い時はこれが当たり前だったなあ~と思い出してしまったり。
まさか子供の手が離れて成長していく時期にこんな数カ月があるとは貴重な時間でした。

一方でたぶん娘は休校で部活動が終了したことがうれしかったのではないかと思う。
休日もない部活動。
選手で活躍していた3年生にとっては引退試合もなくなり喪失感でいっぱいだと思うが
居場所が欲しくて入部した娘には試合にでる喜びなど一度も体験できず
応援同行や朝練などが勉強時間の妨げになっていたのは間違いない。
通学で時間が取られることもなく睡眠時間もたっぷりとれて身体は十分に休息できたはず。
ただしコロナ太りで顔はしっかり丸くなり体重も2キロは増えてしまった。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 仮内申をたずねる時は