高校1年・1学期

俺が俺が私が私が

高校生は学校行事も中学とは変わり生徒が中心で取りまとめをしていますね。
みんな積極的に各委員会に立候補してどの役もすぐに決まったと
入学間もないころにも聞いていました。
(ちなみに娘は立候補せず係りの仕事・・・うーん。)
ようやく入学当初からの様子を伺うような時期も過ぎてクラスのカラーも出始めているみたい。
リーダーシップをとる子や提案をする子など
なんとなく役割も見えてクラスでの立ち位置も決まりつつあるのでしょうか。

そして今の時期から文化祭にむけての話し合いがあるそうなのですが
先日珍しくぼやいています。
「意見が出るのはいいことだと思うんだけれど、
みんながみんな発言しすぎてなかなかまとまらないんだよね。
話がまとまらなくて今はその話題について話す時ではないと思います!なんて注意も入っちゃったりしてさ。それでも意見がでないよりはいいんだけどね~」
おそらくクラスの半数以上が中学時代には生徒会や役員の長を
経験してきた子ばかりなのは聞いています。
どこのクラスもリーダシップの塊りばかりですね。

そして娘に「あなたも発言したりするの?」と問いかけると
自分はただ聞いているだけが多いといい、
あとは黙っているのはのり気ではない子達くらいみたいですよ。
性格がでているとはいえうちの子も一応生徒会経験者なんだけどな…
できる子達の中に入っては存在感も霞むばかりです。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

知らぬ間に終わっていた二者面談

必要なこともあまり話してはこない娘。
忙しいからとはいえ夜は一緒に食事もしていますし
私の運転する車に乗っている時間もあるわけで
学校で二者面談が終わっていたことをしばらくたってから知りました。

職場の同僚のお子さんがこの夏休みにホームステイに行く試験に合格したそうで
その話を私が持ち出したところ
思い出したかのように面談の話を教えてくれました。

面談の際に先生にホームステイのことを質問したそうで
二学期の成績が重要になるから頑張る、と言ってきました。

それを聞いて
(あ、まだ行きたい気持ち残っていたんだ。)とうれしく思い
口だけでなく本当にそう思っているのなら態度で示すんだろうねぇ
とどこまでやる気が続くのか半信半疑の母なのでした。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


高1一学期中間テスト結果

10教科合計 平均点-1

中学時代と同様に総合点数を挙げようかと思ったのですが
母集団が変ってしまい点数を挙げるとなると
平均点も表示してからの公表でないとわかりずらいですね。

学校から返却された個票は順位はでておらず
中学時代と同じく分布表示。
おおよその順位しかわかりません。
平均点を下回る点数になってしまった教科もあり・・・

まずは落ちこぼれにはなっていないようで少しホッとしました。
入学時の偏差値からも余裕のある学力でないことは承知していました。
それでも学年300名中の平均点あたりなので今までの立ち位置からすると
信じられないくらいの順位なのに悔しくてショックだという様子もなく
本人の勉強に対してのやる気は見えてきません。
中間層にいるだけで満足しているような印象すら受けます。
自分の学力の限界を早くも悟ってしまったのでしょうか?
高校生活の楽しさに目を奪われて
大学進学という目標が見えなくなっているような雰囲気が漂っている今日この頃です。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

英検2級のテスト迫る

週末に英検のテストがあるのですが・・・
恐らくほとんど勉強していない。
昨日あまりにも勉強している気配がないのでテキストの進捗をチェックしました。
こんなこと本当はもうやりたくなかった。
模擬テストも一度も解いてないので手応えすら不明。

高校生活と部活動と新たな友達付き合い。
行動範囲も広がり親の目の届かない自由な時間も増えて
勉強状況の制御は不能です。
注意をしても思春期&遅れてきた反抗期で冷ややかな顔をしています。

帰宅してからはスマホを手放さなくなりテレビを見ることもしないででスマホ。
動画を見ているのか友達と頻繁に連絡を取り合う時間なのか
恐らく就寝時間もスマホに侵食されているような気もします。

情けないことですが
テスト期間中は以前の様にリビングに置いていくように言いました。
本当は就寝時も部屋への持ち込みは禁止したい。

自分で気づかないと駄目だとわかっています。
いつまでも子供時代のままじゃない
でもまだ言うことを聞かせようとしてしまう自分。

娘が高校に入学したらやりたいことのひとつにホームステイがありました。
中学時代に国際交流の体験ができたことも理由のひとつで
英語が得意科目なことや主人の出張の話なども聞いていて
これはどこの学校に合格しても体験させてあげるよ、と約束していたことです。
もうこの約束も彼女にとってはどちらでもよくなってしまったのかもしれないな。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


ギャラリー
  • 仮内申をたずねる時は