卒業後から入学まで

私のもうひとつの居場所でした

昨日は子供の友達が来てお泊り会でした。
これで春休み中のイベントもすべて終了して明日は高校の入学式です。
そしてまだ課題が終わっていません!春休み遊びすぎ(゚皿゚メ)

中学受験ブログや高校受験ブログを数年前から読みにきていました。
そうだ、私も子供の高校受験の様子を記録してみようと始めたブログ。
自分で書きながら初めての高校受験はハッピーエンドなのかバッドエンドなのか
どちらの結末で迎えるのか楽しみでもあり不安でもありましたが
どちらの結果になっても最後まで記録する、それだけは決めていました。

最初の頃は子供のペースに合わせるようにのんびりしていたのに
だんだん親のペースで振り回している様子やちっともエンジンがかからない時期など
たまの更新でしかなくても読み返してみると忘れていることもあって
何とゆっくり受験準備を進めていたんだと反省するところも多くあります。

3年生になってからは焦りや苦しい自分の気持ちを
おしゃべりや雑談が得意な人は話すことでたぶん同じことができると思うのですが
それが上手くできない私には文字にして吐き出すことで気持ちを整理できるのか
私にとってはここがもうひとつの居場所でした。

特に内申点に翻弄されている時期と受験本番の時期は本当に精神的につらくて・・・
高校受験ブログのカテゴリーに登録されている皆さんのブログを読んでは
皆さんの頑張っている様子や心配している様子を読んでとても励まされたり
自分一人で抱えているだけではわからなかった気づきがあったりと
皆さんのブログを勝手に親戚の叔母さんのような気持で応援していました。

そしてどなたが目にして下さっていたのかもわからない
自分の子供の合格を見守り見張っていた愚痴ブログでしたが
なんとか子供は志望していた学校に合格することができました。
そして3年後の大学受験にむけて明日からスタートです。
あのつらい時期をまた経験するのかと思うと、とてもひとりでは頑張れません。
今度も大学受験ブログを読んで勉強してなんとか乗り遅れないように頑張りたいと思っています!

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

ごほうび旅行

第一志望に合格したら連れていってあげる!
と約束していたユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきました。
前回訪れた時にはなかったハリー・ポッターエリアに念願かなってハニーデュークスで百味ビーンズを買いバタービールを飲んでご満悦です。

開園から閉園まで楽しみ尽くしてきました。
12時間以上もパーク内にいてひたすらアトラクションに乗るために並び、歩き回り、座ったのは食事の時くらい(´。`)・・
そろそろ私はテーマパークを回る体力と遊ぶ気力の限界を感じてきて、
もし次があるなら孫のお守り要員でかり出されるお祖母ちゃんくらいになったら再訪問かもしれません。

まだ高校生になっていないからか
大人になっていない素直な部分も残っていて
子供時代を感じながらの旅行はこれが最後なような気がしてきました。

高校生活が始まったら遅れてきた反抗期が始まりそうな予感。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

お祝いは続くよ

土曜日 主人の親戚とのお祝い
日曜日 私の親戚とのお祝い
月曜日 部活動の送別会
水曜日 クラスでの食事会

どこの家族も子供たちが新入学や進級を控えて忙しいので
忙しくて会えなかった分春休みに予定を合わせて集まりました。
私もある曜日は大人だけで飲み会!
お酒を控えていたので美味しかった~(∩´∀`)∩
(そして弱くなってた)

子供の顔は外食続きでニキビが急に増えてしまいました。
遊んでばかりで課題がまったく進んでいないようです。
そして私はまた進捗をチェックをしてしまいます(# ゚Д゚)
入学式の前日まで夜更かしして課題をやっていたら許さないんだからね!

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

元気のない顔

入学前の生徒と保護者合同の説明会。
仮クラスも判明して新入生達はクラスごとに着席しています。
学校に行く時から帰宅につくまでの一日中、ちょっと元気がないように私には見えました。
笑顔少なめ、会話少な目、いつものちょっとすました顔でした。
せっかく通いたかった学校に登校したのにどうしたのかな。
あまりうれしそうではありません。
自分からは誰にも話しかけなかったそうです。
はりきりガール達の様に積極的になれなくても
SNSでつながっていないのだから現実世界では少し積極的になるのかと思っていたのに。

結局誰とも連絡先も交換せず名前も聞かずに説明会は終わってしまいました。
ちょっと大人しめで文化系だったうちの子は憧れの学校でちゃんと高校生活を送れるのでしょうか。

早くも異なる中学校の制服を着た子達の集まりをあちらこちらでとらえながら
もう少し積極的に自分から努力しないとこれからの生活で苦労することが多いのだろうなと思い
やっぱり合格できた私立の校風の方が子供に合っていたのではないかと
またマイナスな想いが浮かんできてありのままの子供の性格を認めずに
そんなところまで自分の思い通りに変って欲しいと願う自分も嫌な母親です。
実際その夜はちょっとした口論になってしまいました。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 仮内申をたずねる時は