発表後から卒業まで

ハイブリッド受験生

塾の送迎のない土曜日は何年ぶりだろう。

送迎がなくなるだけで休日はこんなに自由にゆったりと時間が使えます。

女の子だから、ということもあり心配性の私は

ひとり歩きをさせるのが怖くて習い事も塾も辺りが暗い時間には都合がつけば必ず送迎をしています。

塾には3月も週1回で通うことにして今は英検2級の勉強にあてているようです。

長らくお世話になった塾の先生ともお別れが近づいています。


塾ナシのお子さんにはかないませんが

聞けば名前を知っているような塾でかかる費用と比べたら

塾代の負担が驚くほど安く終わりました。

その代わり合宿もなければ、特訓コースなどの別メニューもないのとテキスト購入もないので

ある程度のスケジュール組みと情報収集は自分たちがメインで動かなくてはならなかったのが

受験生の母初心者としてはちょっと大変でした。


この塾でお世話になる、と決めてからも本当はあの時期に

大手塾に行かせた方が良かったんだろうかと何度も、何度も考えていました。

特に顕著だったのは中三の夏すぎだったと思います。

周りの子達が合宿だ、日曜特訓だとスパートをかけ始めていく話を聞くと

今のペースのままで大丈夫なんだろうか・・・と。

でも親が迷っているところは見せられないのと子供にも選択肢を一応与えて

自分が勉強しやすいスタイルを納得して選んだ、というところでそのままやり抜くしかありませんでした。

高校生になったら、またどこかの塾にお世話になろうと考えています。

ただ、「この子に合った勉強法」は何だろうと思うのです。

集団塾のスタイルはあまり合っていないように思われますが高校生になれば勉強方法も変わってくるのでしょうか?

家での勉強の様子を見ていても主人とも私とも違います。

テキストの使い方も暗記の方法も。

次の3年間もあっという間でしょう。

中高一貫校のお子さんたちは先取り学習ですでに高校のカリキュラムに入っています。

こんどは気持ちだけでも後れをとらないように楽しい高校生活とは別に

親は嫌な役目を引き受けるつもりです。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

登校日もあと7日

発表から一週間以上が過ぎました。

「あれは夢とか妄想とかじゃなくて本当に受かってるよね?!」とこの一週間の間に

何度か子供に聞いてはちゃんと学校で手続きしてきたよ、してきたよ...と自分で聞いては答えて

手元にある合格通知書や振り込み用紙を取り出しては確認してしまいます。
(私、早くも痴ほう症の気ではないですよね?)

子供は梱包紐を手に、これ一年生からとってあるけどもういらない( ー`дー´)キリッ

と古いテキストやノートを縛り上げてこういうことは言われなくても自分からどんどん進めています。


これでやっと少しひと息つけそうと思っていたけどこれからが忙しい。

3月の予定表は後半の2週間は毎日何かしらの用事が入っていて

お泊り会や三送会などまだ予定日が決まってないものもあり日程を合わせるのが一苦労です。

自分の卒業式用の装飾品も新しく揃えたかったのに結局時間がなくいつもの、になってしまいそう。

ママだって美しくありたいのよ。

高校の入学用品に、新しい靴、カバンetc.と買いたい物い~っぱいです♡

そうそう、毎日のお弁当作りが少しでも楽しくなるようにお弁当箱も新調しよう!

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

#春から

合格発表後からTwitterで見られる#春から○○のタグ。

面白いですね~

親世代からすると顔も見たことがなくてアイコンと文章のやりとりだけで

その人の印象もよくわからず入学式もまだなのに食事に行こう、集まろうなんて

怖くないのかな、なんて思ってしまいます。

入学前からLINEのグループが存在しているのも当たり前ですよね。

実際会って印象と違う(; ̄Д ̄)となり

気が合わなそう~なんてこと結構多そうな気がするんですけど

そんなことを考える人は始めからやりませんよね。。。

進学校と言われている学校でもタグがあるので

受験勉強も頑張ってやっていたらそんな時間ないでしょう、という親世代の思惑とは違い

今や子供世代はSNSのツールは一部の人が使う特別なものという捉え方ではないのでしょうね。


うちの子はそういう話を聞いてもそこまでして入学前に繋がりたいとは思っていないようで

LINEをずっと使っていなかったこともあり

Twitterを入学前にしていないからといって友達ができない訳じゃないのはわかってる、と言っています。

(そもそも入学前にTwitterでつながるようなタイプの子達とは合わないと思ってるんだろう)

LINEの後はTwitterとInstagramか。

何事も使ってみなければわかりませんね。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村


お姫様生活の終了

お恥ずかしい話ですが、受験生という名称がつく学年になってからは

ほぼ家のお手伝いや身の回りのことを免除されていた子供。

親である私もイケナイのですが...生活面ではかゆいところに手が届く様にサポートしていたと思います(〃ノωノ)

物理的にもサポートできる時間があったのと

勉強時間優先で!という思いも強く出て、ついやってあげてしまっていました。

恐らくわが子は人間力が低い。

黙って座っていても父と母が何でもやってくれて快適な生活が送れると勘違いしていたでしょう。

合格発表後からは急に一般人の扱いになり今までだったらやってもらっていたことも

あ・え・て、やらないようにしています。

ママもお世話係からは卒業します!(一部)

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 仮内申をたずねる時は