高校受験にむけて1月

家族がインフルエンザ

夫がインフルエンA型に罹ってしまいました。。。

出張で一緒に行動していた方々が前日ダウンしてしまったことは聞いていて

本人も昨日あたりから変な感じがする、あぶないなぁ、と言っていたのですが

家族の中で夫が一番最初に罹ってしまいました。

食事の時以外は部屋から出ないようにしてその他の時間もずらして行動してもらっているけれど

こんなことでも多少は予防になるのかしら。

私はここ何年もインフルエンザには罹っていません。

お世話係は私しかいないのでインフルエンザになった家族と接するのは

私が一番長いはずなのに、です。

38度熱がある夫に「ねぇ、今の状態で問題解ける?」と聞いたら

「難しいと思うよ、、、」

私立の入試まであと二週間。

本当に心配してます。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

出願期間スタート

今日から私立の出願期間が開始されました。早く手続きがしたかったヨ~

入力して保存までして先に進められなかったページも反映されています。

受験料も初めてペイジーを利用して振込してきました。

画面を見ながら操作すれば簡単に振込できて安心しました。

ものの数分で入金完了メールが反映されていたのには軽い驚きで

web申請は手間が短縮される分、自分で期限を忘れないように入力や出力をしないといけないので

サイトの見落としや入力間違いをしていないのかチェックに注意が必要でした。

私だって受験生の母は初めてなのですから、手順に間違いがないかドキドキです。

プリントアウト用に厚紙も用意して夜には無事受験票もプリントアウトできました!

あとは真面目な顔をして写った証明写真を貼れば完成です。

そして受験番号を先生に教えなくてはいけないそうでコピーを取り渡しました。

いよいよ親が準備できることも少なくなってきてしまいました。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

私立推薦入試後の教室の風景

私立推薦で受験を終えた子達の合格の報告が聞こえてきますね。

教室にいても周りの席の子から「おめでとう!」と言われていたのが聞こえてきたから

進学先の学校名まではわからないけれど、あ~あの子はもう決まったんだ

という光景が見られるようです。


子供のクラスに、自分の親しくしている子がいるので他のクラスから休み時間にやってきて

「合格したよ」と報告にきた女の子がいたそうです。

それを聞いていたクラスの女子達。

「わざわざ報告に来る?LINEとかで伝えればいいじゃん」
「これから都立の推薦が始まる人だって多いのに」
「うちのクラスに聞かれもしないのに自分から受かったよ、なんて言ってる人誰もいないよ。」

(子供から見聞きする女子の本音)

その女の子は次は同じクラスにいるうちの子にも報告に来たそうです。

そう、その子はよくうちの子にテストの結果や点数を聞いてきたあの子でした。

結局5教科から方向転換して私立附属校にしたんですね。

こないだも併願校はどこを受けるのかわざわざ聞いてきたという話を

聞いたばかりだと思っていたらもう彼女は受ける必要もなくなったのですね。

羨ましいなぁ、しかも三年後大学受験もしなくていいなんて。

口ではおめでとう!と言いながら心の本音を隠し切れない中学生の気持ち。

なかなかいいですよ~

みんな他人の合否に敏感になり始めてくるのですね。

私立も都立も一般入試しか受けないうちの子は少数派のようです。

仲間が少ない中で最後まで頑張る気持ちを持ち続けられるかな。

しかも合格するかどうかなんてわからない。

周りのひと足早い合格の風景を見てもしかしたら今この選択を悔やんでいるのかもしれない。

そんなことを考えてしまいます。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

半分が空席

火曜日は私立の推薦組の試験と都立推薦組の願書提出が重なり

クラスの半分くらいが朝からは登校していなかったよ、と教えてくれました。

もし、皆が合格できたら二月の私立一般受験前には昨年聞いた通りの状態ですね。

本当だったんだ。

自分から何も言わなくても誰がどこが第一希望かもうわかってしまいますね。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 仮内申をたずねる時は