面談

三者面談~学校編・夏

学校に行くときは綺麗にしていってほしい、とのリクエストがありましたので

もう夏は暑くて外出予定の無い日はノーメイク(眉毛だけは書かないと恐ろしいので書く)

Tシャツやハーフパンツやロングワンピースなど身体を締め付けないゆるっとした格好で

知っている人には絶対に見られたくないのですがこの日は

髪も整えていつもの倍以上メイクに時間をかけました(^_^)


いつも面談のあとにママ喋りすぎやママばかり話していたと言われてしまうので

今日こそは控えめにしよう、と思い珍しく最初はあいづちや合の手をいれる程度でしたが

、、、。


前半先生から一学期の感想や夏休みについて質問があり

ここは触れておかないと、の内申の話が始まりました。

先生から下がってしまった教科について

先生「どうして〇だったか自分で心当たりはある?」

子「うーん」

先生「本当にわからない?」

子「(各教科の自分で感じている理由を述べる)」


先生からのアドバイスをまとめると

各基準点の観点があるので不足している教科の先生に

自分で何パーセントの評価なのか聞きに行った方が良い。

おそらくあと少しの頑張りで届くものもあるはず。

そしてうちの子だけではないがと前置きしてくださいましたが

三年生の受験という時期になっているのにガツガツした必死さが見られない

とも言われました。


終業式の日残っていた子達は自分で職員室に行き聞きに行っていたんですよ。

という話も出て来て

こういう話は恐らくわが子も知らない訳で

ましてや聞いたとしてもだぶん行くタイプじゃないのはすぐ想像がつく('A`)

そしてこういうことをしない時点で必死さ足りないと

見られているのは明白な事実なのでした。


面談するにあたり持参した机の上に置いた通知表と

点数を記入した付箋が無意味に思えてきました。

なんとかわが子をフォローしてアピールしなくては!と

母も会話に加わり始めました。


☆拍手コメントのお返事☆

名無しさん:そうですね、評価には関係ないのかもしれませんよね。気にしすぎだったかも(^^;)


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

三者面談~塾編

今後の勉強方法や志望校選択についての提案という名目で

塾での面談に行ってきました。

二者でも三者でもどちらでもよいとのことだったので

子供の希望を聞いて三者面談としました。


塾からのお知らせで面談の日程を設けてもらうのは三年生だけのようなのですが

随時相談にはのっていただけるという案内が月のお便りには出ているので

実は私はこれまで二回先生に面談をお願いしています。

一度目は中学受験をどうしようか考えていた時。

二度目は中学入学してすぐの時、思っていたよりも成績上位者になれたので

今後どのような勉強をすれば現状が維持できるかの相談。


今、三年生という大事な時期からみれば

親のひとりよがりのどうしようもない相談でしたね…(≡ω≡.)

先生の貴重な時間を利用してただの自分の不安相談?お恥ずかしいです。



模擬テストの結果も持参しての志望校選びから

第一志望を公立に設定するのか

また私立にした場合の併願校の組み方など教えてもらいました。


先生からは一言も後ろ向きな否定的な発言は出ず

(「もっと頑張らないと駄目」とか「今のままでは難しい」とかそんな類のことばですね)

質問についての励ましと今後のやるべき勉強プランのお話で

「十分狙える力を持っている」という言葉をかけて頂き

こちらが考えている以上の志望校も見学を勧められました。

(この状態が志望校決定まで続けば素直にうれしいのだが)


私立は学校も多岐にわたり選択に迷ってしまうことを伝えると

「選べるところが多くあるのは幸せなことなんですよ」と。

そう考えると確かに幸せな迷いの時間ですね。

どこに合格したとしても楽しい学校生活が送れるような

子供にあった学校選びをしたいですね。

私立校に見学に行くときのスーツを新調しなくては♡


面談が終わってからの子供からのひとこと。

「ママと先生って波長があっていなかったね!」

…え!そんな風に見えたのね。今までの面談でもそうだったのかしら。ショックです。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

ギャラリー
  • 仮内申をたずねる時は