またここに戻ってきてしまった。

もう書くほどの難関校を目指している訳でもなく
良好でもないが対応できないほど親子関係が悪化している訳でもない。
娘は2年生になり高校生活をさらに満喫しており
親の私はあいかわらず過保護気味&過干渉気味で高校生活を見守り続けていますが
ただただ吐き出したくなりました。
だからこれからのブログは文章はあまり丁寧でもなくて時系列も文脈も関係なく
そんな記録になりそう。

この秋には大学受験に向けてどの科目を使って自分が受験するのかに向き合わなくてはならない。
なのになのに娘は私立文系が第一志望か国公立第一志望に迷いがあるため
すんなり決まらない。
つまりは行きたい大学と入れそうな大学で迷いがある。
国公立で受験したい大学はあるが彼女は理系が大の苦手。
数学を勉強することに大変な抵抗がある。
だからできれば数学は勉強したくないのが本音だろう。
ですが娘の学校は共通テストを受けない子なんているのか⁈というくらい
国公立推しなのでかなり周囲の動向に影響されていると思う。

親から見て思うのは
話していても口から出るのは
「どうせ無理」「自分には難しい」「時間がない」などできない理由ばかり。
「どうしてもこの大学に行きたいから頑張る」じゃないんだもの。

そんな中共通テストに対応した苦手科目をとって私大の勉強まで手が回るのか?
そんなに要領よくできる?
そんなに計画性があって意志が強い?
結果はもう見えている気がするけれどもうしばらく迷いの時間の様子を見ておこう。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村