忙しさからすっかりブログを書く習慣から離れてしまいました。

一年前、娘が希望していた学校に入学できたうれしさとは反対に
入学後まさかここまで成績が低迷してしまうとは全く予想できませんでした。
模試や偏差値の結果から見ても平均値は当たり前の様に大丈夫と思っていたのに
中間層に留まるのがやっとで、さぼればその分すぐに下位層に落ちていく危うさ。
勉強だけではない、とわかってはいるけれど・・・
できたら高校生活も満喫して学業も安定してくれたら言うことはない。
ついつい楽しい行事や遊びの約束にかぶせて成績のことを言ってしまう
愚痴っぽい母になってしまいました。

親のための高校生活ならランクを下げて常にトップクラスに在籍し
運が良ければ指定校推薦で大学受験を狙う選択肢にしてもらうほうがよかったのでしょうか…?

愚痴っぽい母とはうらはらに娘は高校生活を楽しんでいます。
きっと勉強をし続ける生活に喜びは見出していないでしょう。
目標とする学校も今はないことでしょう。
大学受験では思ったように成果がでることはもうないと思った方がいいかもしれません。
スイッチすら入らず受験が終わってしまいそうな気がしています。

それでもたまには娘の様子とわたしの情緒不安定な心の動きを記録していこうかなと思います。
高校1年生、あっという間に終わってしまいました。


にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村