学校の面談が終わると今度はしばらくして塾の面談がありました。

夜の部が全て終了してからの遅い時間となり外は深夜の様相も漂う中

三者面談が始まりました。

模擬テストの結果を見ながら志望校の確認、今後の勉強の進め方など

一通り話は進んでいきます。


学校の面談と全然気分が違う~(*'-'*)


内申が下がる心配ばかりしていることを伝えて定期テストの結果待ちなので

併願校が確定できるのか不安に思っていることなどを話しました。

内申があっても不合格になりやすい子は偏差値が足りていないお子さんが多いとのお話で

うちの子は偏差値が安定してきてるのでこのまま志望校目指して勉強を進めるように言われました。

学校の面談では子供も私もだんだんうなだれてきて暗い気持ちが帰宅後も漂う雰囲気だったのに対して

よーし、なんとかなりそう、頑張ろう!という気持ちで帰宅につくことができました。


「学校の先生は心配して頑張らせようとしてそういう話になったのかもしれませんね。」

と塾の先生に学校の面談との温度差を伝えたところ言われたのですが

塾の先生には責任が伴わないから前向き?

それとも本当にそう思ってくれてるなら私はすごい気持ちが楽になった。

確かに学校の先生は生徒の行き先が無くならないように受験校を決めないといけないのですから

どうしてもダメだった時のことも考えておくような言い方になってしまうのかな、とも思ったり。


きっとどちらの先生の言うことも合っているのでしょうが

塾の先生のおかげで不安な気持ちは親子で少し薄まりました。

そして志望校選びの際に塾の先生に「高校は通過点ですから」とサラッと言われると

先生にはもううちの子の大学選びのレベルまで見えるようなアドバイスで

高校選びでギャーギャー騒いでいる場合でもないのかな、、、とまたちょっと恥ずかしくなりました。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村