現状の成績がキープできるなら、の前提で候補の一つに挙がっている私立高校へ行ってきました。

私立は夏休み期間中は毎日のように説明会が設けられています。

それでも予定していなかった学校を見学に行こうと思い立っても

「受付終了」の文字が画面に出ている日も多くて

この夏休みは行けなくなってしまった学校も出てきました。

説明会って予約がとれないくらい過熱するものなのかぁ、とちょっと驚いています。


こちらの学校は現役大学実績が良いそうでトップ校の併願校としても名前が挙がる学校です。

そんな子達が受験する学校に今の成績だとギリギリかと思われるわが子は

併願をとれないならフリー受験してまで受けるのは無謀です。

しかも加点方式なので完全な併願ではないということで

学校ではこの点を指摘されてしまいまいした。

加点方式の併願優遇は確約ではないので落ちる可能性もあるからです。

併願の制度をよく整理しないと組合せを考える時に思わぬ勘違いをしてしまいそうで注意でした。

しかも併願を利用するということはこちらの学校を第二志望にするという条件もあり

そうするとチャレンジ校の私立受験はできません。

併願優遇の確約が取れる学校はあるけれど学力レベルからするとちょっともったいない。

でも春に進学先がなくなるのはもっと恐ろしい。

模試の判定がいつも良くても絶対合格なんて誰にもわからないんですから。

うまく行きませんねぇ。

私立にしろ公立にしろトップレベルの子達はもっと選択に頭を悩ませるんでしょうね。


当たり前ですが併願が取れるための条件にも内申合計が関係しています。

二学期が終わるまではあくまでもうちの場合は候補(T_T)


子供の感想は「中学校みたいな高校だね。」

校則や学校生活の話を聞いて生徒が管理されている印象がありました。

それでもそれが嫌なのかと思えば「この学校でも大丈夫。嫌ではない。」と言い

今まで見学していた学校は生徒の自主性を重んじて自由な校風ばかりでしたので

何が彼女の基準なのかが私にはよくわかりませんが

私から見て校風もレベルも問題ない学校でも見学して引っかかるところがある学校は

頑として候補には入れないのでそのあたりは

今後の受験校選びでも自分で選んだという気持ちを尊重したいと思います。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村