中間テストが返却され始めました。

いつもの調子だね!という教科や、えっまたこの点数 ?大丈夫かな、という教科もあります。

毎回ですが全部返却されてみないとわからないですね。


通塾回数が増えて週の送迎の回数も増えました。

塾以外に続けている習い事もあるので週の半分以上は夕方以降家でゆっくりする時間が私からも減りました。

どこのご家庭も同様に皆さん当たり前にやっていること、と思えば私も頑張れます。

こうやって親も自分の時間を削り、自分のやりたいことや休息の時間を家族の為に使う訳です。

でも、ときどきふと我に返ります。

みんなで夕食を揃って食べる時間も無くなり、いつも宿題だ塾だ習い事だと忙しくして

それなのに夜は早く寝た方がいい、朝は寝坊するな、とかもうおかしいですよね・・・


少しでもよい環境で高校生活をすごして欲しい、という想いは変わっていません。

けれどいつも私の心の中でそれは私の希望であって本人の希望ではないのだろうか?という気持ちがずっとあります。

勉強した成果がわりと出るタイプの子なのでどこか期待しているところがあるのだと思います。

高校受験について何も働きかけないで楽しく好きなことをする中学生活でも

大人になり、結婚して、子育てをしてみたら

高学歴でそれなりの仕事をしていきた人も好きなことを過ごしてきた人もそんなに変わらない生活を送っているようなこともあります。


うちわで扇いで上手く火がついてくれればいいですが

ずっと扇ぎ続けるのは何かが違う。


周りにはお子さんのサポートを熱心にされている方もいらっしゃいます。

登校前に朝から勉強をさせる。

塾には手作りの塾弁当を必ず持たせて帰宅後も宿題の丸つけやプリントの整理の手伝い。

苦手分野のチェックをして弱点克服の対策を考える。

習い事は時間がないので全部辞めてしまった。

これで志望校に合格すれば夢がかなった!になるんですよね。

でも入学はゴールではないでしょうし

そのあとも同じ生活をずっと続けないとついていけのではないかしら~といらぬ心配も。


人と同じことをしていたらそれなりな訳ですから・・・

それでもここまで強制させる気持ちがどうしてもでてきません。

だからどっちつかずになってしまう。

どこか冷めた目で自分を見てしまう。

周りからみたら何かの信者の様におかしくてもそこまで熱心になれたら私もラクなのに・・・


自分で目標をもって勉強している子や

親も高学歴でノウハウがある方

既に系列私立に通わせてそれでも上を目指している方とかが羨ましいです。

悩みのレベルが違いすぎる。

こういう迷いから脱するためにもやっぱり環境は大事なんだなぁ、とため息です。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村