学校に登校する意味

6月から時差や分散登校がはじまり、今週からはやっと午前午後と授業がありお弁当持参も再開。
それでも登校は一日おきで部活動再開も、再開とはいえ下校時刻も16時最終だから帰宅も早くなり
数カ月前の生活とは一変してしまった。
むしろこの生活のほうがスローペースで暮せて人間らしい生活なのではないのかな?
このまま隔日登校が続いてもいいくらい。

学校が再開して何がいいって決まった時間に家を出なくてはいけない=規則正しい生活
これに尽きる。
在宅学習の日は自分のペースでやりたい内容に時間を割けるメリットはあるし
通学時間や部活動で疲れ切ることもない。
が、娘に限ってはとにかく自分で起きない&起きれない。(病気でないかと心配するわ。)
本当に高校卒業後は自分でなんとかしてもらわないと
以前この悩みを検索して読んだ記事が忘れられない。
いつまでも親が起こしていたら『30歳過ぎても親に起こしてもらってる。』という話。
笑えないです。

あとは学校が始まり顔つきがまったく変わった。
外から得られる刺激は家の中と二次元では補いきれない。
在宅期間中はぼんやりとした表情でいつも寝起きみたいだった。
勉強は家でもできるけれど友達と顔を合わせてのおしゃべりは何よりの刺激だろう。
しゃべるのが苦手だったとしても、クラスメイトが教室にいる気配を感じるだけだって高校生だという実感が得られるはず。
いくら今の時代は多種のSNSが使えるとはいえ
SNSで人とつながるのが得意な子ばかりじゃないと思う。

学習面はこのコロナ禍で自粛生活が突然始まり
学校の先生の授業より塾の先生や動画配信が頼りになることがわかってしまい
残念ですが私にはなんの期待もなくなった。
だけど他愛もない時間を友人と共有してすごせる空間があることは
登校が再開した娘を見ていると思春期には大切なことなんだなあとつくづく思う。

もちろん他人と過ごすということはいいことばっかりでもないだろうし
みんながいるから楽しいという単純なことだったらいいけれど
孤独感がかえって増す場面があることも疎外感を感じることもあるのが学校。
人が苦手、集団が苦手、それを知り自分に合ったスタイルを選ぶのはもちろん自由だと思う。
今回の在宅学習期間に自分はどういう生活を送りたいのかすこしは感じたのではないかな。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


パワーワード

慶応大学○学部・現役・塾なし。

今年受験が終わった親戚の子の合格先。
コロナ禍で集まれない中、つい先日進学先が耳に入ってきました。
ただ、ただ羨ましかったです。
比べてはいけないのはわかっていますが言っちゃいましたね。
(まあどう頑張ったって元が違いすぎるので夢物語を聞いているような気分なんでしょうけれど。)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村



休校もわるくない

思春期のお子さんを持つお母さんは同じ気持ちも人もいるのではないかと。
休校中何がうれしかったかって娘と話す時間が増えたこと。
話すというか口をきいてくれる、が正しいですかね。

学校に行っている時はとにかく時間がないので
自分の自由時間は親と話すよりはスマホ、TV、寝てるが優先。
もともと女子にしてはおしゃべりなタイプではないのもあり
高校生になってからは学校の友人たちとの世界が優先でそっけない対応も多かった。

まあ4月ぐらいには「もう家族に飽きた。」なんて言ってもいましたが
さすがに顔を合わす人がいなけなれば嫌でも会話が増えました。
いつでも目の届く範囲で暮らしているのでつい
幼い時はこれが当たり前だったなあ~と思い出してしまったり。
まさか子供の手が離れて成長していく時期にこんな数カ月があるとは貴重な時間でした。

一方でたぶん娘は休校で部活動が終了したことがうれしかったのではないかと思う。
休日もない部活動。
選手で活躍していた3年生にとっては引退試合もなくなり喪失感でいっぱいだと思うが
居場所が欲しくて入部した娘には試合にでる喜びなど一度も体験できず
応援同行や朝練などが勉強時間の妨げになっていたのは間違いない。
通学で時間が取られることもなく睡眠時間もたっぷりとれて身体は十分に休息できたはず。
ただしコロナ太りで顔はしっかり丸くなり体重も2キロは増えてしまった。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

登校再開 消えた3ヵ月

コロナ流行の兆しが見え始めた2月の下旬、楽しみにしていた学校行事の中止のお知らせが入った。
そこから後はあれよあれよという間に大きな流れのまま休校生活に突入。
そして今日から限定的に登校再開です。

3月
たしか定期テストを1日だけ受けて翌日から休校スタート。
今まで休日もなく部活動に励んでいたのがすべてが自由時間。
早起きやお弁当作りからも解放されてそれだけはうれしかった。
高校に入って土日休めるようになったのは初めてのことでこの頃はたまの外出も多めにみていた。
友達のインスタはどうだと聞けばまだお出かけの様子などもあげていたのだから
自粛警察の目も気にせずに遊びに行っている子も大勢いたようだ。
しかし朝も起こさず勉強のスケジュールについても口は出さずにいたらあっという間に自堕落な生活へ。

4月
緊急事態宣言が発令後、夫もテレワークが始まり在宅人数が増える。
それに伴い娘もだらだらした生活を改め朝は遅いままだったが一日のスケジュールを決めて
机に向かっている時間が増えた。

5月
登校再開の見通しがたたないまま休校も3ヵ月目に突入。
9月入学説も浮上している中、検定試験も延期され模試も自宅で受け入試の予定もわからず
友達にも会えず受験勉強と課題をこなす日々。


後半の2ヵ月は真面目に取り組んでいるお子さんに比べたら勉強量は足りてないでしょうが
娘にしてはリズムがついてよくやっていたと思う。
幸いにも塾に週2で行けていたのでそこも助けになった。
学校の方は・・・残念ながら補助にもならず、といった感想。
オンライン授業なんて素敵な授業はなく夏休みの課題が出ている感じに近い。
急な休校に体制が追いついていないからそれぞれの先生の力量と熱意だけが頼り。
がんばっている先生で動画配信がやっとでした。

今年も残り7ヵ月。
夏休み返上で授業があるのは確定。
この状況では浪人生がつよいと言われる中なんとか追い上げていくしかありませんね。
親では補えない友との時間を満喫してモチベーションを上げてきて欲しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 仮内申をたずねる時は