All is well ! という4年後を願って

娘の大学受験は残念ながら破顔の合格とはなりませんでした。
ほっとした合格。
この表現がもっとも当てはまる進学先となりました。
幸いにも娘が学びたいことが学べる進学先でもあります。

欲を言えば高校受験の時のように第一志望に合格して
満足いく気持ちを娘に味わって欲しかったです。
あんなにうれしい合格は人生で一度きりとなってしまいました。

でもこれが実力でした。

比べてはいけないというのは重々承知しています。
それでも華やかな進学実績が大多数の同級生の中にいて
自分の進学先を打ち明ける時に娘はどんな気持ちでいるのでしょうか?
本音を言えばわたしは本当はそんな気持ちを娘に感じさせたくはなかった。
だからこその3年間でもありました。
でもそれを引き受けて進むのも
それが自分の今までの努力の結果であることを受け止める一歩なのかもしれませんね。

大人げないんですが娘より落ち込んでいたわたしが
「あなたはくやしくないのか?」と聞いたことがありました。
「わたしはくやしくもないし、そんなに悲しくもない。」と言っていました。
「みんなみたいに努力もしてないから。」
強がりなのか言い訳なのかわからないけれど。

浪人をしてまで行きたい学校はない。
合格した学校のうちのどこかに進学できればいい。
それが娘の気質をよく表していると思います。
目標に対してのアプローチも、どうしてもこの学校に行きたい!という
強い想いは受験勉強中の様子や行動から伝わってくるものはありませんでしたもの。
結果は本人次第、このことをようやく受け入れられる気持ちになりつつあります。

4月からは大学生になります。
新しい環境になればいまの気持ちもすぐに忘れることでしょう。
新しい友達
新しい生活。

・・・4月になってもどこにも入学しない&いままでと同じ生活の母は気持ちを切り替えるのにまだ時間がかかりそうです。
そして娘の方ばかり見ていた生活をわたしも終わりにしないといけません。
すぐには上手くいかないと思うけれど、これからは自分のために時間を使うようにします。

中学生時代ほぼ活動がないような文化系部活に所属しおとなしく静かめだった娘は
高校に入学して自分を変えたいと未経験の運動部に所属しました。
それまで運動経験がなく体力もない中、慣れない電車通学、朝練や休日返上の部活動
周りのレベルについていくための勉強、塾、季節の学校行事。
なんでもこなせる同級生の中で高校生活ではさらに目立たなくなってしまいましたが
娘は変わりました。
気の合う友達がたくさん増えて表情も明るくなり
自分の気持ちを話すことも増えました。
きっと楽しい高校生活が送れたことと思います。
だから
大学生活でも娘がまたあたらしい自分に出会うことを信じています。
4年後は就職活動です。
その時に今の結果がどうでるのか楽しみでもあります。
自分で考え選んだ道を進んでいくことを願って。


にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


寝てるか部屋にいるか

大学受験が終わってからの娘の様子はというと
全てから解放されて
まず昼過ぎまで寝てる。
落ち込んでいるひきこもっている訳でもないとは思うが・・・
新生活が楽しみでウキウキしている様子でもない。
部屋から出るのは食事をするときとお風呂に入る時と
あとは基本リビングからは消えてスマホを見ているのか
録画したTVを見ているか
本読んでいるか寝てるはず。
たまに友人と約束がある時は外出しています。
キラキラ大学生になりたい!って言っていたから
メイクや洋服を揃えたりするのも楽しみらしい。

長い間制約された多忙な高校生活を送っていたからやっとのんびりしているのはわかるが
そろそろこのぐーたら生活も飽きないのかしら?と見ているほうは思ってしまう。
でもなるべく口は出さないで放っておくように気をつけてもいる。
ここで手を離さないと本当にダメになりそう。
夫にも釘をさされている。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

誰かのせいにしたい何かのせいにしたい

なんでもそうですが
物事がうまくいかなかったとき
失敗した理由を考えます。

この数週間そんなことばかり考えて
きっとそれが伝わって
娘は傷ついていると思います。

ごめんね。

そしてわたしは自分のショックの受けように驚いてもいました。
この3年間サポートしているつもりが
いつのまにか自分の身におこったことの様に同一視していました。
ひとつひとつを説明して取り上げるとキリがありませんが
とにかく高校生活全般の助けになるようわたしがやっていたことが
二人三脚のように一緒に走っているような気持になっていたのだと思います。
もうそれも終わりにしないといけないね。


にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

最終学歴

学歴は未来へのパスポート

学歴は印籠

学歴は・・・


学歴はいろんなものに例えられますね。
「学校」という居場所にいるときは偏差値というわかりやすい評価がその人の評価のひとつです。
特定の学校に合格することが目的になってしまっている受験生や浪人生も多いんですね。
今はまだ学校という場所にいる人たちにとってはその先の進路は重大問題です。
年齢を重ねて職歴自慢を耳にすることは少なくても
最終学歴を言いたがる人の方が多いからやっぱり一生の問題?!
でもそれしか自慢することがない人は悲しいことですね。
学歴も、仕事も、幸せな家庭も、全部持てたらそれが一番ですね。
コンプレックスは少ない方がいいに越したことはないです。


にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 仮内申をたずねる時は