短い夏休みを制するには?

休校の影響で今年は夏休みが短い。
2~3週間の学校が多いのでしょうか?
例年だと一学期が終わり夏期講習や合宿、
課題や部活動に文化祭の準備にあてる時間がたっぷりあるけれど
今年は学校行事にあてる時間は必要ないけれど自由に使える勉強時間も少ないです。
ここ数週間は学校の試験期間と塾の講習が重なってしまい
それをこなすのでいっぱいいっぱいの様子。
情けないですがちっとも受験準備まで手が回っていないと思われます。
娘が高校受験前の夏に見た「ヨーロッパ=4・6・8」という語呂は、8時間勉強すればきっと合格するという記事。
その時に書かれていた大学受験の際は10時間の勉強が必要という
一文がまだ忘れられずに記憶に残っています。
どうも娘を見ていると受験生の夏という自覚が薄いように感じてしまうのはなぜなんだろう。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

部活よ終われ

終日連日登校が再開して部活動も参加。
引退試合も流れて休校中はもちろん運動もしておらず久しぶりに身体を動かせば一目瞭然。
まあ眠くて夜に倒れ込んでしまい勉強どころではないわね。
部活があると土日休みがなくなり休日と呼べる日がなくなります。
何と言ってもそれに慣れるのが大変だったわが家。
中学生から運動部の子は当たり前だったのでしょうが
高校からいきなり別世界に飛び込んだ2年間。
親のわたしも連続〇日お弁当や朝練が続いた日はフラフラで朝寝坊したくて夫に代わってもらったりしてました。
ここでようやく引退式までは自主参加となり娘の部活動に一区切りがつきました。
居場所が欲しくて入った運動部。
中学から続けている子達のと温度差。
もちろん試合に出ることなんてありませんでしたし出たいとも思わないところも彼女らしいといえば彼女らしい。
運動部特有の人間関係や行事をはじめて体験しどんな感想を抱いているのでしょう。
もう運動系のサークルには入らないわ、と思っているのかもしれないな。

部活によっては引退まで部活動をやり遂げたい子と受験勉強に切り替えたい子で意見が分かれている
部活もあると聞きました。
コロナ禍で休校が長引き大会の目途が立っていないため引退の時期も決まっていないので
部活の引退時期まで遅くなっています。
それなのに夏休みも短く受験日は変更なしなのですから従来の通りのスケジュールではどこを参考にしたらいいのか気持ちばかり焦ってきます。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コロナ禍中に買ったもの

娘のスマホとの付き合い方については高校入学後からうまくコントロールできていませんでした。
かろうじて寝室への持ち込みだけは禁止にしていましたが
今や授業や学校の連絡事項には欠かせませんし勉強でもスマホが必要な時があります。
それに何でも禁止するのではなく自分でコントロールできるようにならないと
大人になれば自由にみんな使ってる訳ですし
そんなことをわざわざ注意してくれる人もいませんから
自分で優先順位を考えられるようになってほしいのが本音です。

だがしかし
コロナ禍で休校となりほったらかしにしておいた最初の3月はひどかった。
何か対策をしないとこれは本当に受験勉強に差し障りがでる、と思い
ずっとどうしようかと悩んでいたいたタイムロッキングボックスを買おうかと検討。





ただ値段を見てちょっと試してみたいから購入する、にはためらってしまったのと
バグや不良品にあたってしまったときに損した気分になりそう・・・
と思い見つけたのがコレ。


タイマー式南京錠 USB充電 安心 防犯グッズ
Aisit



100均で購入したポーチと組み合わせて留めるだけで同様に使える!
しかも不具合がでたり設定を誤ってもポーチは100円だから万が一のときは
ポーチを切れば中身も取り出せます。
あとこだわったのはポーチが透明か半透明の素材を選ぶこと。
中身が見えてる、というのが我慢している感をUPさせる要素かなと思います。

子どもだけでなく自分もつい手元にスマホがあると
必要なことを調べた後そのまま気がつけば1時間以上たってた!なんてこともあるので
これは私にも便利なグッズでした。


にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

E判定ガール

コロナ禍で自宅で受けた模試の判定をちらりと見せてもらった。
第一志望校であるチャレンジ校は「E判定」。
それ以外はC判定がほとんど。
よく体験記などに直前の模試でもE判定だったけれど合格しました!
またその逆の
模試ではずっとA判定だったのに全滅・・・もある。
要は一喜一憂するな、ということだとは思いますが
さすがに第一志望は遠いところにあるのではないだろうか。
中学生の頃の様に模試の結果を見て涙することはなくなったけれども
今の成績では受験校にできるのか本人も半信半疑だろう。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


ギャラリー
  • 仮内申をたずねる時は